Modern C++ Design

Modern C++ Design


テンプレートで指定したクラスを基底クラスとして指定する。もうそこだけで目から鱗。

それを起点として、「クラスの挙動をポリシーとしてテンプレートのとこに指定する」という展開は素晴らしい。
C++コンパイラの挙動を利用した Generative Programming じゃんと思ったら、Generative Programming の方がどうやらネタ元らしい。
まあC++コンパイラがテンプレートに対してどのようにマッチングするかを理解し、コンパイル時(実行前) に解決をさせるための
ライブラリ作成は自分でやるもんではなさそうだ。

基本的には C# 生活なんだが、画像を二値化する奴だけはどうにも遅いのでそこだけC++にしよかなと思っているところ。

しっかし途中で出てくる、テンプレートシステムを使ってコンパイル中に再帰計算させるところなんかは、かなり狂っている。
業務システムでこんなコード書いたらプロジェクトから追い出されるだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。