FreeBSD-SA-07:01.jail, FreeBSD-SA-07:06.tcpdump, FreeBSD-SA-07:07.bind

FreeBSD-SA-07:01.jail, FreeBSD-SA-07:06.tcpdump, FreeBSD-SA-07:07.bind

cvsup でソースツリーを更新した後に、以下のスクリプトを使って更新した。

cd /usr/src/usr.sbin/tcpdump/tcpdump
sudo make obj && sudo make depend && sudo make && sudo make install && sudo make clean
cd /usr/src/lib/bind
sudo make obj && sudo make depend && sudo make && sudo make install
cd /usr/src/usr.sbin/named
sudo make obj && sudo make depend && sudo make && sudo make install
cd /usr/src/lib/bind
sudo make clean
cd /usr/src/usr.sbin/named
sudo make clean
cd /usr/src
sudo install -o root -g wheel -m 555 etc/rc.d/jail /etc/rc.d

freebsd-update を使ってるマシンは、sudo freebsd-update fetch; sudo freebsd-update install で終了。楽だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。