TechEd 2007 Yokohama 4日目

TechEd 2007 Yokohama 4日目

SoftGrid のセッションと SCVMM(System Center Virtual Machine Manager) のセッションを中心に。

SoftGrid はFreeBSDで言えばjailみたいなOSの上に薄い仮想OSができるようなイメージ。
Javaの1.4系ランタイムがどっちも動作する、ってのは環境によっては重要な機能だろう。
それ以外にも基本的に従来の DLL Hell から解放されることと、
VB6時代のアプリケーション展開には楽ができそうな雰囲気。

システムドライブへの書き込みもなんとかしてくれるらしいので、
Terminal Services で動かなかったアプリケーションも動くようになるという話だった。

SCVMM は Virtual Server に対する管理システム。基本的には多数の Virtul Server ホストを統合管理するというコンセプトのようなのだが、
物理サーバから仮想サーバへの転送(P2V) のデモは圧巻だった。開始からわずか5分強、ウィザードに対する指示をしている時間を含めても全体で10分程度だったんじゃなかろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。