SSIS スクリプトデバッグ

SSIS スクリプトデバッグ

Business Intelligent Development Studio (VS2005) でブレークポイントを設定してのデバッグをするためには、
対話モード+32bit環境+プリコンパイルなし にする必要がある。

  • プロジェクトの InteractiveMode = True, Run64BitRuntime = False
  • スクリプトタスクの PrecompileScriptIntoBinaryCode = False

一方で 64bitRuntime で動かすためには、64bit環境+プリコンパイルあり が必須。

プリコンパイルの件はエラーメッセージを出してくれるので特定は容易ではあるが、それにしてもめんどくさい。
C#のバッチビルドみたいにリリースビルド時は64bitRuntime用とかいって作らせてくれればいいのに。

(11日追記)Business Intelligent Development Studio ではなく C#開発設定の VisualStudio でソリューションを読み込んだら、
ソリューション構成とバッチビルドは利用できた。単にメニュー構成の違いだったらしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。