チケット駆動開発

チケット駆動開発

うお、名前付けられてしまった。今年の俺周辺開発は実際チケット駆動開発になってて非常にいい感じである。

最後の「一家に一台 SubversionxTrac」には笑った。
一家に一台を本当にやるなら分散リポジトリ同期システムになってる方がもっと嬉しいと思われるけど。

Subversionコミットの時に (fix #チケット番号) で自動的にクローズするのは知らなかった。
とはいえ現状では「開発者がコミット」→「テスターが確認してからクローズ」の流れなので、
コミットの時に (誰か #チケット番号 確認して) と書くと、自動的に テスターの確認待ち 状態になるのが理想だ。
直接 fix と書く機会は当面ないと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。