make.conf に WRKDIRPREFIX を設定する

make.conf に WRKDIRPREFIX を設定する

コンパイル時の高速化として WRKDIRPREFIX を ramdisk 領域に割り当てるというのを一時やっていたが、
大物がやってくると足りなくなってしまったりするので結局 /home 以下に割り当てている。

WRKDIRPREFIX=/home/tmp/wrkdir

のだが、これを設定しておくと portsclean -C がこのディレクトリ以下を一発で消すようになって非常に高速化される。
バージョンを上げた場合は portsclean -CDD とかやってるのでちょっと嬉しい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。