mod_auth_kerb

mod_auth_kerb

いつのまにかバージョン5 になって SPNEGO に対応していた。道理で mod_spnego がはやらんわけだ。

FreeBSD の ports/www/mod_auth_kerb でインストールできそう。

調べ始めたきっかけは、TortoiseSVN が Kerberos 対応しているらしい、という話から。
ベースは WebDAV ライブラリである neon が Kerberos(GSSAPI) 対応しているところにあるので、
コマンドライン版の svn でも対応しているはず。
なんだが、どうも mod_spnego に対してつなごうとしても認識してくれない。

ということで次回 mod_auth_kerb に入れ替えてチャレンジ予定。

いや、これ通ったら Windows 環境から素のままシングルサインオンになってかなり嬉しいはず。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。