Windows 2000 インストール

Windows 2000 インストール

知人ところのPCが Matrix の画面みたいな不可解な挙動をして暴走するというので、
それは電源とかホコリかなあとアドバイスしていたら、結局ブートドライブが壊れていただけだった。
イベントビューアで一応最新のイベントは確認できたけど、過去にさかのぼるとイベントビューアが例外で落ちてしまって確認できない。
ともかく不良セクタがあるのは確実ということで、必要そうなデータをバックアップしてから、HDD を購入して再インストール。

今回320GBのハードディスクを利用した。
インストールは SP3適用済み のメディアからスタートなので、atapiドライバとしてはBigDrive対応のはず、だったのだがインストール時には128GBまでしか認識せず。
SP4 を入れたら認識するかなーと思っていたらそれもせず。

結局 Windows 2000 における ATAPI ディスク ドライブへの 48 ビット LBA サポート にたどりついて、
レジストリ設定をして認識させた。
多分ハードディスクメーカーのツールのどれかを使えばいけるんだろうけど。

あと、Bフレッツ接続をする際に、RemoteRegistry と Serverサービスを切ってから接続したのに、
それでもあっという間に Trojan Horse にやられた。なんてこった! 2ファイルほど侵入されていた。
AVG AntiVirus で隔離して終了。やはりルーターなしの接続はありえない〜

ルータは Linksys BEFSR41C-JP にしようと思ったら、すでに販売してない。残念。
世間では(無線なしの場合) Buffalo BBR-4HG が評判よさげなのでそれを勧めておいた。
家庭向けルーターは速度が100Mでいいということもあって、ここ数年進化していないようだ。
(ただし自分で使うんだったら YAMAHA RT58i。とはいえ価格帯が随分高いので家庭向けとはちょっと違う。)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。