ThinkPad X61Tablet に BitLocker 設定 (進行中)

ThinkPad X61Tablet に BitLocker 設定 (進行中)

現在暗号化処理中。再起動後 本当に復号するかは明日に。

BitLockerドライブ準備ツール(BdeHdCfg) というものが C:\Program Files\BItLocker\BdeHdCfg.exe にあるので、
これを使って準備をすれば コントロールパネル – セキュリティ – BitLocker ドライブ暗号化 「ディスクのデータの暗号化によるコンピュータの保護」を押して出る画面に BitLocker の有効化が出てくるようになる。

空パーティションがすでにある場合

BdeHdCfg -target unallocated -newdriverletter s:

空パーティションがない場合(Cドライブを圧縮して新しいドライブを生成する)

BdeHdCfg -target c: shrink -newdriverletter s: -size 1500

今回実際には、空パーティションがある状態で、後者(空パーティションがない場合)のコマンドを実行したのだが、
結果としては空パーティション内にボリュームを作成していた。
なので常に後者のコマンドを使うのでもよいようだ。

BdeHdCfg により作成されるボリュームは、アクティブ であり、中に bootmgr がインストールされていて
OSを起動可能な状態になっている。
bootmgr があるかどうかは以下のコマンドにより確認できる。

attrib s:\*.*

成功した際の ディスクの管理 状態:

ここに至るまでのあれこれ

コントロールパネル下 BitLocker ドライブ暗号化 からたどれる Windows ヘルプ および Windows BitLocker Drive Encryption Step-by-Step Guide
を参照しながら作業していたのだが、これらを見ていた範囲では解決せず、

  • GUIのディスクの管理を使って S: ドライブの作成
  • diskpart コマンドを使って S: ドライブの作成
  • diskpart コマンドを使って S: ドライブを Active にしてPCを起動不能にしてみたり(昨日のネタ)
  • gpedit.msc での詳細なスタートアップオプションの有効化, gpupdate /force, gpupdate /sync
  • BIOS設定で HDD を唯一の起動ドライブに設定

最終的にスタートボタンのところで BitLocker で検索して出てきたドキュメントが「BitLockerドライブ準備ツール」だったという…

どーゆーことーー。俺の半日を返せ。

BitLocker は Vista SP1 まで使っちゃいけない機能なのかもしれん…

BitLocker ドライブ準備ツールの説明 をみつけた。
Ultimate Extras だったのか。道理でヘルプにないわけだ。

以下失敗していた時代の画像。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。