Windows Server 2003 で 固定IPv6アドレス付与

Windows Server 2003 で 固定IPv6アドレス付与

サーバで使うのに固定IPv6アドレス付与しないのは使いにくい、というか何か不安定なのでアドレスをつけてみた。

netsh interface ipv6 set address インターフェース番号 2001:xxx:xxx:xxx::xxx

netsh の引数は文字数を減らしてもいけるので netsh int ipv6 … と書いてもよい。なので確認用コマンドは

netsh int ipv6 show add

とかやる。

netsh は Vista でも使えるし、Windows Server 2008 Server Core だと必須になる。
ということで今後の必修科目であろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。