Windows Server 2003 証明書発行ウィザード不具合

Windows Server 2003 証明書発行ウィザード不具合

組織単位(OU) のところに、アンダースコア を入れてCSRを作成して instantssl.co.jp に申請したら、CSRが読めないという連絡がきた。

間違ってないはずと思って openssl req -in CSRファイル -subject -noout で中身を確認したらこんなのが出てきた。

Subject: C=JP, ST=Saitama, L=hoge, O=hoge, OU=\x00z\x00e\x00r\x00o\x00.\x00j\x00s\x00u\x00b\x00.\x00n\x00e\x00t\x00_\x002\x000\x000\x007, CN=zero.jsub.net

なぜか英数字が16bit、ピリオドとアンダースコアだけが8bitで埋め込まれている風情。
(後で本当に発行されたら組織名とか思いっきりバレバレになるがまあ一応伏字hogeで)

新しく OU=zero.jsub.net-2007 とアンダースコアをハイフンに変更したら普通に埋め込まれた。
クライアント証明書とかだと日本語のCNが埋まったりするので内部で文字列のエンコード処理があるんだろうけど、不具合を踏んだと思われる。

バグレポート出したいと思ったけど。
マイクロソフトへのお問い合わせ窓口 のうち
Contact US を使うしかないんだろうか。なんかこうそーゆー窓口ではなさそうなんだが。

Microsoft Connect でフィードバックの送信が許可されている場合があるらしいのだが、とりあえず俺にはついてない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。