MSDNサブスクリプションを購読していればCALは無制限に取得できる

MSDNサブスクリプションを購読していればCALは無制限に取得できる

開発目的という縛りはあるが。

ここでのCALとは ターミナルサービス 向けのライセンスである。(近場では TSCAL と略すことが多い)
TSCAL のライセンス管理は非常に厳しく、
ハードウェアの構成+ユーザ名 の組み合わせが違うとがんがん消費されてしまったりするという噂。

なので開発向けに無制限に取得できるというのは非常にありがたい。

でもって、開発者利用向けにOfficeの実インストールマシンを一元化して RemoteApp で使うのもよさげである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。