/usr/src/UPDATING よりその他注意点

/usr/src/UPDATING よりその他注意点

  • オプションとして FAST_IPSEC の指定がなくなった(FAST_IPSEC のみの実装になった) 当面 カーネルは GENERIC 生活の予定で。
  • pf の書式が変更になった。keep state がデフォルトになったらしい。具体的な変更が必要かどうかは不明。
  • ftp-proxy が /usr/sbin に移動。ftp-proxy の起動スクリプトの書き換えが必要 (→ pftpx 使うべし)
  • pam_nologin の指定方法が変更 (たぶん mergemaster で対応になるが、自分で /etc/pam.d/httpd とか書いてたら注意。そもそも /usr/local/etc/pam.d に置くべきだった)
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。