Windows Workflow Foundation (WF)

Windows Workflow Foundation (WF)

WFの中での処理記述は非常にいい感じだが、WFの外部とのやりとりを行う ExternalDataExchange の実装のところが
それ以外と比べて突然敷居が高い印象を受ける。
山場はそこだけという気もするので乗り越えるだけの価値はあると思う。

ビルド後に実行するコマンドラインに指定したバッチの例

cd $(TargetDir)
"C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0A\bin\wca" $(TargetFileName)
REM 必要に応じてできた cs ファイルを適切なプロジェクトに移動
move IMVDataService.Invokes.cs ..\..\..\MVWorkFlow\MVDataUpdate.cs
del IMVDataService.Sinks.cs
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。