Vista, Windows Server 2008 で Windows Update 向けプロキシ設定

Vista, Windows Server 2008 で Windows Update 向けプロキシ設定

XP時代は proxycfg コマンドを実行していた奴

まず、コマンドプロンプトを「管理者として実行」で起動する。

IEの設定を取り込む場合

netsh winhttp import proxy source=ie

直接指定する場合

netsh winhttp set proxy proxy.example.com
または
netsh winhttp set proxy proxy.example.com:8080

IPv6でlistenしているプロキシを利用すると、今のところなんとかIPv6のみ(IPv4なし)生活できている。
利用している外部環境は

  • IPv6で返事できる DNS キャッシュサーバ (YAMAHA RT52pro, Beta Firmware)
  • IPv6で返事できる HTTP プロキシサーバ (apache2)

totd+faithd の環境を作ると幸せになれるかなあ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。