TCP Extensions and MTU discovery and MSS

TCP Extensions and MTU discovery and MSS

  • FreeBSD ではデフォルトで TCP Extensions が有効になっている
  • 返信マシン(と多分 MTU Blackhole ) が TCP Extensions を解釈しない場合、想定外のフラグメントが発生し通信に失敗

ということらしい。

フレッツの下にあるFreeBSDサーバ群、 pf によるNATで大体通信できてるのにたまに失敗することがあったのはこのせいだったのかな。

Amazon S3、大規模データで18倍の通信性能高速化へ
で TCP Extensions を有効にすると高速化するらしい、というのを読んで TCP Extensions について調査したら発見。

man 7 tuning すると、rfc1323と一緒に buffer size を 65536 よりも大きくするべしとある。
Amazon S3 はこの buffer size も大きくしているんだと思われる。
標準状態は以下の通り。

% sysctl net.inet.tcp.rfc1323 net.inet.tcp.sendspace net.inet.tcp.recvspace
net.inet.tcp.rfc1323: 1
net.inet.tcp.sendspace: 32768
net.inet.tcp.recvspace: 65536

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。