autoconf / automake を使ってみよう!

autoconf / automake を使ってみよう!

mod_auth_kerb向けパッチで最初に送った奴は
いきなり config.h に #include <sys/types.h> と「これはひどい」パッチだったので、
もうちょっと受け入れ可能な奴にしようと autoconf/automake 修行。
今回の目的だと autoconf だけでよかったけど。

少なくともヘッダファイルのチェックについては configure.in への記載(AC_CHECK_HEADERS([sys/types.h]))と config.h.in への記載(#undef HAVE_SYS_TYPES_H)がペアだ、
というところがキモだったと思う。

autoconf / automake を使ってみよう!
については2000年のドキュメントということもあり古くなっている部分もある。

autoconf-2.61 のドキュメントを見ると、configure.in ではなく configure.ac を使うようになっていた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。