Javascript で書き換えられた後の Webページの内容を表示する

Javascript で書き換えられた後の Webページの内容を表示する

document.documentElement.innerHTML を使うのがいいらしい。

innerHTML より outerHTML の方が一番外のタグも含むという点でうれしいのだが、
HTML タグの lang 属性とかまで再現したかったら attributes を使って再構築する。

最後の難関は一番先頭のDOCTYPE宣言だがこれはさすがに無理か?
荒業として XMLHttpRequest で自分のページを取りに行くという手があるかもしれんが。

読み終わったのを確認してから取得するには、
DHTML_Dude: 非同期性: パフォーマンスの改善
document.readyState の確認または onreadystatechange イベントを使う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。