HTTP GET メソッドに 安全性 を持たせる (REST)

HTTP GET メソッドに 安全性 を持たせる (REST)


を読んでいる途中。

GET メソッドを利用した際に状態の変更を行わないこと。
ただし副作用がないという意味ではない。サーバ内でログを記録してもいいし、カウンタとして動作するリソースの場合は別の数値が返ってくるのでもかまわない。
クライアント側にとって「複数回呼ぶことが安全」であることが重要。

POST を使った XML-RPC は RESTful ではないが共存するという選択肢はありのようだ。
一方で安全性を持たない GET メソッド の実装は大いなる害悪。
あと正しいHTTPレスポンスコードの返答を実装することも優先度が高いだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。