WCF FaultException クラス

WCF FaultException クラス

WCFのサービス側で throw new FaultException() すると、その例外はクライアント側に通知されるようになっている。
クライアント側でも catch(FaultException e) で受け取り。

更に FaultException<T> というジェネリックも定義されていて、
FaultException に俺クラスの情報を付与して例外発生できる。
というか受け側で catch(FaultException<T> e) によって選別できるのがうれしい。
ただし、これを実現するためのプロキシクラス作成には svcutil コマンドを利用する必要がある。
WSDL 経由では例外に関するメタデータが公開されないようだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。