Windows Server 2008 リモートデスクトップ

Windows Server 2008 リモートデスクトップ

管理用リモートデスクトップ(プロトコルはターミナルサービスと同一ではあるが)の構成において、
標準状態でSSLが有効、サーバ証明書は自動生成になっている。
要するに自己署名証明書を作っているわけだが、秘密鍵が共通だった昔の暗号化接続に比べればはるかにまし。

WindowsServer2003 時代のようにSSL証明書を仕込んでSSL接続モードに変更するのは*最優先*ではなくなった。
とはいえオレオレ証明書警告食らってそれを無視させるのも良くないので、証明書発行して仕込む作業やるけど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。