4.7 から 6.x にリモートアップグレード

4.7 から 6.x にリモートアップグレード

ツワモノだ。
<URL:http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/hosting/1195837699/286> から転載

自分は4.xから6.xにリモートでアップグレードしたので以下参考に。 

どうしても自力でリモートアップグレードしたいなら、 
4.7→4.11→5.5→6.x 
っていう順番になるとおもいます。 

セキュリティアップデートと違って、 
アップグレードの場合は/etc配下の各ファイルを、mergemasterで適切に上書きor編集しないとシステムが動かなくなるので注意。 

4.11→5.5の手順は↓を参考に。(これ見て手順が理解できないならあきらめたほうがいいです) 
http://www.freebsd.org/releases/5.4R/migration-guide.html 
ただし、installkernel後(installworld前)のリブートは、手順と違ってマルチユーザモードでリブートすることになるので注意。 

つまり、カーネルが5.5、ユーザランドは4.11の状態でブートすることになります。 
(4.xのカーネルでブートした状態のままではinstallworldできません) 
このとき、procファイルシステムをfstabからコメントアウトしてからリブートしないとダメです。 
また、PAMモジュールが変わっているので、OpenSSHは自動起動しない状態でリブートしないとだめです。 
かわりにTelnet接続を有効化しておいてください。 
どうしてもこの状態(カーネルが5.5、ユーザランドは4.11)でSSH接続したい場合は、 
事前にPortsからWITHOUT_PAM=yes付きでOpenSSHをインストールして、 
PortsからインストールしたOpenSSHを公開鍵認証で使うようにしてください。 

あと、compatを有効化しても動かないPortsもあるのでPortsも一通りリビルドが必要だと思ってください。 

4.7→4.11と、5.5→6.xは、ハンドブック参照。 

有償で再インストールする羽目になっても責任はもてないので、 
失敗したら有償で再インストールをする覚悟をもちつつ、 
事前にローカルでリハーサルしてから自己責任でやってください。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。