フレッツドットネット 廃止

IPv6 標準装備になったので自宅のフレッツドットネットを廃止した。これでIPv6トンネルが切れなければ会社の方も解約だ。

あと最近新規に契約した回線もあるのでそっちの方での実験もしてみないと。

…速攻切れた。traceroute6 かけると隣のルーターから先に進めない。名前解決サービスとサーバ利用サービスが切れるだけだと思っていたが、そうきたかー。まあでも新しいIPv6が振られるかもしれないのであとでもっかい調査。今のところは隣のルータのアドレスは今まで通りのように見える。

数時間後、隣のルータもグローバルアドレスに対しては ping6 の返事をしてくれなくなった。リンクローカルアドレスでは返事をしてくれる状況。

(追記) 新規にBflets契約した回線で確認したところ、やはりNTT局側の最初のルータから先に進めない。フレッツ回線契約者同士で通信するためには フレッツドットネットを契約しないとだめなようだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。