Team Foundation Server Workgroup Edition から Standard Edition にアップグレード

Team Foundation Server Workgroup Edition からアップグレードする の手順ではできなかった。[メンテナンス モード オプション]の画面のところでCDキー入力欄にすでにCDキーが入っており、グレイアウトしていて新規入力させてくれない。このすでに入っている値はWorkgroup Edition 用のものと思われる。(自分で入力していないので確認はしていない。)

Standard Edition のDVDから setup.exe でインストール開始をしたら、[メンテナンス モード オプション]  の同じダイアログが登場し入力できた。

確認はレジストリエディタで HKLM\SOFTWARE\Microsoft\VisualStudio\9.0\TeamFoundation\Registration の Edition_CT を見る。Standard の場合はFull になっている。Workgroup Edition はWorkgroup と入っている。

MSDNのところからフィードバックでメッセージを送ろうとしたら、一度評価(星)をつけたらフィードバックが送れなかった。この仕様もどうかと思うが、とりあえず下のコミュニティコンテンツのところに投稿してみた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。