Team Foundation ソース管理と Subversion ソース管理

今まで Subversion + Trac でやっているプロジェクトに対して、TFS にソースを取り込んで自動ビルドしかけたい、が Subversion で生活している人もいるので段階的に移行したいと思っている。

のだが、Subversion 側で追加されたファイルを TFS 側に追加するのを自動でやってくれないし、前述の通り Visual Studio 上からの作業はかなり面倒。

コマンドラインであればなんとかならなくもないが、tf status コマンドではソース管理対象になっていなくても「保留中の変更はありません」といわれる。これは仕様間違ってるだろう。「ソース管理対象ではありません」であるべき。ということであとでフィードバックにたれこんでみたい。ちなみに前回のWorkgroupEditionに関してなんかログに出してよ、という提案は却下されたが理由がわからん…

一応 tf add *.cs /recursive を使えば、大量に文句言われつつも追加することはできる。

そういや、削除も含めるとやりたいことは svk での接続先を Team Foundation にすることそのものだなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。