patterns & practice Enterprise Library 4.0

データキャッシュする仕組みを宣言的にやるのに、attribute つける方法を作ろう…と思ったがきっとあるはずと調べたら、Enterprise Library の Policy Injection Application Block の CachingCallHandler で実現されていた。Using the Policy Injection Application Block in ASP.NET が参考になる。

WCFのStep by Step やっていて丁度 Enterprise Library の DAAB を使っていたところ。Enterprise Library は把握しておく価値がある。

で、ついでに本家を見に行ったら EntLib/Unity roadmap に今後のロードマップがあった。CTPの提供は今週末予定だ。4.0 CTP から本格的に触ってみようかなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。