SCTP (Stream Control Transmission Protocol)

FreeBSD 7.0 に搭載されることもあって少し興味を持っている SCTP。参考記事 Introduction to Stream Control Transmission Protocol , Stream Control Transmission Protocol (SCTP) Associations

TCP/UDP に代わるもので、信頼できてストリーム(connectionあり)もデータグラム(connectionless) も使えてマルチホーミング対応、らしい。

NTTの中(というか Flets 網)は IPv6 化されているっぽいわけで、NGNとやらは以下の構成要素のように思われる。(参考記事 ネット家電をNGN対応にするためには?)

  • IPv6 (IPv4 に代わって)
  • SCTP (TCP/UDPに代わって)
  • SIP (DNSその他に代わって。SIPは名前解決をしてくれる)

現在のインターネット(主にHTTPによるWeb と SMTPによるメール)のセカイと、これらNGN(?)のセカイが融合するような未来はあるのだろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。