CodePlex 上での作業

最近Team Foundation Server とある程度戯れていたこともあってメモも取らずにガガっと作業してしまった。(ていうかCodePlex上のドキュメントあんまり読んでなかったり…)

漏れもあると思うけど記憶に残っている分をメモ

  1. CodePlex トップページ から Create New Project でプロジェクト作成
  2. プロジェクトホームページ(Wiki) の内容を変更
  3. ライセンスを作成。テンプレートを選んで 年と名前 を入れるだけ
  4. ソースコードを更新。VisualStudio2008 の TeamExplorer からソースコード管理につっこんだだけ。Team Explorer ClientのページにはWarningが書いてあるが、Contributor だったら書き込めるので問題ない、というより統合されて超便利
  5. 新規 RELEASE を作成し、そこにセットアップ用バイナリをアップロード。状態として Public,Released,Show on home tab を設定。ここで Released 状態にすると、Codeplex トップの Latest Release に掲載される。
  6. Issue Tracker に今後やりたい項目を入力。日本語でも大丈夫
  7. Issue Tracker に入れた項目に対して、Visual Studio 2008 で修正作業をしてうまく動いたら チェックイン。チェックイン時に その項目を選択して 解決状態に変更すると、即時解決になる。個人プロジェクトだったらレビュアーとかいないので、この挙動は便利
  8. Issue Tracker の Create New Item の画面から Component Add/Delete というリンクをたどって Component を作成する。Visual Studio 的にはソリューションに含まれるプロジェクトの名前を入れるのがよさげ。

上記の Issue Tracker に項目入力→修正→チェックイン の流れは後で動画作りたい。

ソースコード更新のところに TeamPrise というのがあった。これは TeamFoundationServer ソースコード管理に対するクライアントで、単独GUIアプリケーション、コマンドラインアプリケーション、Eclipse 用のプラグインが含まれている。このコマンドラインアプリケーションを使ったら Subversion リポジトリとの同期をなんとかできるかしら。

と思ったらさらに Using TortoiseSVN with CodePlex てのがある。SvnBridge を使えば TFS ソースコード管理に Subversion互換のWebDAV インターフェースでアクセスできるようだ。これとsvk組み合わせれば TFSソースコード管理とSubversionリポジトリの同期ができそうな気が。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。