SQL Server Configuration Manager による 新しい別名 作成バグ

SQL2005 時代からあってたいした問題ではないのだが、毎回いらいらするので。別名を作る時に Alt+A で適用すると「新しい別名」っていう最初から表示されていた名前の別名が勝手にできてしまう。

この問題は、英語版では起きないので、多分名称欄が「一番最後にある」のがミソなんではないかと思っている。キーボードオペレーションだとフォーカスが外れないまま適用になるという流れの中で、内部的に昔の値を参照しているタイミングで適用になっているのだろう。(というか同様の問題はそれぞれのフィールドに対するイベントで値の代入をしている場合よく起こる)

新しい別名が勝手にできるバグのデモ動画 も作ってみた。

でもってMicrosoft Connect FeedBack に垂れ込んだ。(「垂れ込む」って 密告する、という意味なのか by 広辞苑。公開フィードバックだと垂れ込みじゃないな)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。