Windows Server 2008 Server Core でのWindows Update

Server Core には Windows Update に関するGUIも当然ない。自動更新の設定をするには以下のコマンドを実行する

  • 自動更新の設定: cscript %windir%\system32\SCRegEdit.wsf /AU 4
  • 値の確認: cscript %windir%\system32\SCRegEdit.wsf /AU /v

適用状況の確認や、手動で適用する手段がないので、まともに運用するのであれば WSUS の管理下に置くべきだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。