さくらインターネット 専用サーバ開通

今回は少し値段の高い方を契約。RAIDカードはやはり 3ware 9650 だった。RAID選択の+4万円はほぼパーツ代だけなんで結構お得だと思う。

  • FreeBSD 6.3-RELEASE + freebsd-update で最新状態
  • ログイン用の受け口は ssh のみで telnet (inetd) は上がっていなかった。ただし ssh は ssh1 有効、パスワード有効
  • 引き渡し前日の夜に速攻 sshd に向かってアタック多数 orz

これが普通だとは思うが、そろそろ安くないプランだったら、最初から /etc/hosts.allow で sshd に対する接続制限をした方がいいんじゃないかという気もする。

引き渡し後、速攻 7.0 化に着手。一応 IPv6 telnet を有効にしたり、nextboot を使ったりと安全策を取ったが特に電話での再起動要請をするはめにもならず順調に 7.0 化できた。ついでに SCHED_ULE 有効にした。

SCHED_ULE を有効にするための設定ファイル /sys/i386/conf/ULE :

include GENERIC
ident ULE
nooptions SCHED_4BSD
options SCHED_ULE

また、最初パッケージで vim を入れたら X関係のパッケージが入ってしまい少しがっかりしたが、依存されていないパッケージの削除 (uyota 匠の一手) のおかげで pkg-orphan を使ったらすぐにざっくり削除できてよかった。pkg-orphan -r で再帰的に削除を選択した場合、上位の1パッケージを選択した時点で、本当にざくざく削除する。おそらく「依存があったものがなくなった」という判定基準なのだろう。運用開始後だと怖いとは思うが、今回は初期セットアップなので全く持って清々しい気分になれた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。