WCF (.NET Framework 3.5) のREST対応を利用してヘルプページをカスタマイズする

WCF による Webサービスで MetaData を提供していない時の表示内容について というフィードバックを送ったところ、REST 対応機能を使えばカスタマイズできるという返答がきた。(日本語ページから送信、英訳はMSの中の人のおかげ)

マッピングが自由にできる&SOAPリクエストはどうせPOSTメソッドなので、GETメソッドをサービスのステータス表示に使えばいいんじゃないかということだ。目から鱗。

提案の趣旨において究極の目的は「サービスが正常動作していることを容易に確認できる」だったので、当面のworkaroundとして示されたものの、ここからさらに実装を押し進めて単に静的なHTMLを表示するだけではなく内部的な挙動も含めて正常性のチェックをした結果を表示すればかなり嬉しいと思われる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。