Outlook スケジュールとTimeZone

TechEd 2008 NorthAmerica のスケジュールをWeb上で作成して、そこにある「Outlook への同期」を押したら、Outlook 上の表示はそのスケジュールの日本時間での表示となった。確かにその時刻ではあるのだが、印刷したり確認したりするには不便だ。

更にExchangeServer経由で X02HT に同期したところやはり同じような表示。

その状況でX02HTのTimeZoneをアメリカ東海岸にしたら、X02HTの時計に合わせてスケジュールも目的の時刻で表示されるようになった。

正しいといえば正しい。OS の設定で環境全体のTimeZoneを変更することは出来るわけだ。でもこういう状況においては「1アプリケーションだけ違うTimeZoneで動かしたい」と思ってしまう。UnixではTZ環境変数で制御できるのだが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。