ADO.NET Entity Framework 雑感

やっていることは O/R Mapper のようでもあり、実際バックエンドとして SQL Server , アプリケーションへのフロントエンドとして ADO.NET Data Services という枠組みの中で、中心に ADO.NET Entity Framework があるという見方をする限りは O/R Mapper にしか見えない。

が、「アプリケーションのライフサイクルを超えて」データをデザインするという目的から眺めてみると、設計のパラダイムとしては重要にも思える。

DataSet との違いで「多対多の関係を直接表現する」「継承が使える」といった点があげられていた。

その上で、表現されたデータをLINQを利用して検索するというところで、かつて ObjectStore を利用したOODBの世界を思い出してしまった。裏でどう格納するかはともかくとして、設計するという視点からすれば OODB におけるデータモデリングではないかと。

いっとき ObjectStore 関連の開発に関わった者としては、10数年の時を経て夢再び、というそんな印象を持っているところ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。