NTT東西間で IPv6 がルーティングされている

NTT東西でルーティングされている件について (ともちゃ日記)

「Netナンバー や FdNナンバー 等を使い、テレビ電話等が、NTT東西で通話出来るようになった。」の件からすると、特定の通信を遮断するような設備を導入するということはコスト上ほとんどありえないと思う。

ただしあんまり大量に通信してると、メンテナンス工事と称してアドレス帯域を変えられてしまう可能性はあるし、いずれにせよベストエフォートなのでちょっとやそっとの遮断では文句は言えない。

P2P通信に対するISPの締め付けが厳しくなりつつある昨今、今後フレッツ網専用P2Pソフトが隆盛するという展開があるか?

NTT東西間で IPv6 がルーティングされている」への1件のフィードバック

  1. tomocha より:

    実は、それを考えたのですが、P2Pされると、泣ける、そう言うことをされる前提で設計されていないので大変なことになるらしいです。といっても、IPv6での通信は一切フィルタされていないそうなので、IPv6でやっちゃえばいいのですが、IPv6の普及状況を考えると、なかなか難しいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。