DNSキャッシュ汚染に関する脆弱性が公表さる

DNSキャッシュ汚染に関する脆弱性が公表さる (slashdot.jp)

freebsd-security ML が荒れていて何かと思っていたらもしかしてこれの件だったのか?(詳しくは読んでいない)

それにしても相変わらず DNSキャッシュサーバとしての djbdns は強靭だ。

djbdns + daemontools はなかなか代わりが出てこないなあ。進化する必要があまりないからではあるのだが。でも daemontools の側はログの管理についてもう少しなんとかしたい気はする。

(追記)何でこのタイミングかと思ったら 月刊WindowsUpdate MS08-037 でWindowsのDNSサーバが更新されたからなのね。セキュリティ対応の手間を考えると、今の時代 Windows Server というのはインターネット向けサーバとして他と比較して良い方になったのだと改めて思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。