RFC5280

http://www.ietf.org/rfc/rfc5280.txt
Internet X.509 Public Key Infrastructure Certificate and Certificate Revocation List (CRL) Profile

RFC3280に対する主な変更は多国語対応。
文字列の比較における正規化の手順が明確に示されている。

この文書が出たのが今年の5月。

.NET Framework 3.5 SP1 の System.Security.Cryptography.X509Certificates やら、Windows Server 2008 の証明書サービスがRFC5280に準拠した形になっているのかどうかは検証してみないとさっぱりわからない。Windowsの世界だけで暮らす分には多分大丈夫だとは思うが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。