Hyper-V 物理DISK割り当て

マシンに普通のSATAドライブを追加して Hyper-V 物理DISK割り当て をやってみた。確かにほとんど体感速度でペナルティを感じない。

ただし Hyper-V 物理DISK割り当て時のスナップショット にあるように、物理DISK割り当てを利用するとスナップショット機能が使えない。原理を考えると当然だけど。

MSDNライセンス持ちであれば、Hyper-V の上に Vista x64 という構成は悪くないかもしれない。というかやっと Vista x64 で暮らす気になれる感じ。

(追記)リモートから Hyper-V 管理をするにあたっての参考 : Windows VistaからHyper-Vを管理する (Windowsな日々) ドメイン参加マシン同士であればほぼ自動で通るが、そうでない場合に権限設定をする話。

Hyper-V に限らず WMI / DCOM 経由によるリモート管理をするような状況では同様の作業が必要になる場面があると想像される。

(10/1追記) http://www.microsoft.com/servers/hyper-v-server/default.mspx Hyper-V Server 2008 無償提供開始

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。