Visual Studio Development Edition と Database Edition ライセンス統合

今まで Development Edition のみだったところが、Database Edition もダウンロードできるようになったので入れてみた。

…Database Edition のSQLServer関係の機能が SQL Server 2008 に対応してない。

SQL Server 2008 に対応した英語版のCTPが VSTSDB 2008 GDR CTP16 is here! にあるが、要件として英語版ということになっている。 OS / SQL / Visual Studio すべて英語版の環境を1つ作らないとだめかしら。悩ましい。

(追記) Visual Studio Team System 2008 Database Edition GDR September CTP is now available! September と言いながら投稿日は10月1日だけど。このバージョンで The SQL Server 2008 support has been completed と言っている。

さらに

Schema Compare and Import Schema supports translation between SQL Server versions. For example can now compare a SQL Server 2005 database project with a SQL 2008 database.

SQL Server 2005 と SQL Server 2008 データベースの比較も可能。手持ちの RedGate SQL Compare 4 だと SQL Server 2008 に対応してなくて、RedGate にお金を払うかどうか悩み中だったところ。なので、英語版入れてでも Database Edition 使おうかと思った。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。