Virtual Server 2005 R2 で仮想マシン移動でトラブル

Hyper-V 化するにあたって、Virtual Server 2005 R2 で動いていた仮想マシンのうちの一部を別のホストマシンに移動してそのまま Virtual Server 2005 R2 上で動かすことにした。その仮想マシンでは CruiseControl.NET による自動ビルドを実施していた。

仮想ディスクを移動して仮想マシンの構築して終了…だと思ったのだが、しばらく経ってみると自動ビルドに失敗する。

何かと思ったら、Windows Server のライセンス認証待ちだった。ビルド失敗のレポートが来るまでログオンしていなかったので気づかなかったという。

ライセンス認証待ちの状態であってもサービスは概ね動くのでWebサイトを見てビルド自体の操作は出来るので当初原因がなかなかわからず。自動ビルドの開始トリガーはソースの変更なのでソース変更が悪いのかと疑うのが一番最初でもあったし。

ただビルドログの最後を見ると SQL Server に対する書き込みで失敗しているようだった。で、ログオンしたらライセンス認証待ち。

…このへんSCVMMでホストマシンを移動する時にはどうなるんだろう。今回はホストマシンの機種が違うという状況だったのも一因と思われるが、同一の機種で複数マシン構成すれば大丈夫なのかしら。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。