Outlook 2007 文字化け対策

普段 Outlook の設定については、送信時の文字コード charset を JIS(= iso-2022-jp) を指定している。そのはずなのだが、携帯で受信すると文字化けをしていたという報告があった。メーリングリストに投げたメールで自分にも届いていたので確認してみたら、確かにUTF-8 になっていた。

手順としては以下の作業によって発生した。

  1. 最初にこちらに届いたメールはHTML形式のメール。この中身の charset は iso-2022-jp
  2. それに対して返信を行う。この時点では HTML形式としての返信になっている。
  3. 返信メールの編集ウィンドウにおいて、オプション リボンを選択し、テキスト形式に変更
  4. メールを送信。ここでの送信はFreeBSD+postfix で構築された SMTP サーバ経由である。Exchange Server ではない。

この現象への対処として、「オプション」メニュー – 「メール形式」タブ – 「文字設定オプション」ボタン – 「送信メッセージのエンコード方式を自動選択する」チェックボックスを無効にする

当初不具合なんじゃないかと思って Microsoftにフィードバックを書こうと思ったところ、設定項目を確認しようとしてダイアログを出したらチェックボックスに気づいた。

蛇足だが インターネットメール形式の中には「テキスト形式に変換」という項目、これはHTMLメールに対しては適用されない。vCard については、いわば添付ファイル内のエンコード方式なので、UTF-8 でもいいような気がする。特に Unicodeでしか表現できない人名漢字が含まれている場合は。

(追記) 一度 Content-Type: text/plain; charset=utf-8 になってしまったメールに対して、返信または転送した場合には、上記の対策「送信メッセージのエンコード方法を自動選択する のチェックを外す」によっても utf-8 のままとなる。さらに「返信/転送時に英語のメッセージ ヘッダーを使用する」のチェックを外しても状況は変わらなかった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。