ClamWin をコマンドラインから起動する

C:\Program Files\ClamWin\bin\clamscan.exe –database="C:\ProgramData\.clamwin\db" C:\temp\

最後のパスは、対象のフォルダ または ファイル。clamscan.exe の起動にあたってはデータベースフォルダの指定は必須のようだ。

しかし少し実験したところでは、ウィルスデータベースの読み込みに手元のマシンでおおよそ4秒かかっている。

特定のフォルダの下に対するファイル書き込みをフックして ClamWin に食わせるみたいなことをしたいのだが、clamscan.exe だと都合が悪い。

Explorer Integration での動作を利用するのがよさそう?と思って実験してみたが、こちらもあまり状況は変わらなかった。結局どの経路でも毎回データベースを読み込むものらしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。