ClamAV Antivirus Native Win32 Port

unofficial ながら http://oss.netfarm.it/clamav/ が最も精力的のようだ。Windows Service として clamd, freshclam を動作できる。

http://hideout.ath.cx/clamav/ も最新ではあるが、Windows Service として動作させるのには失敗した。

(追記)

http://www.asspsmtp.org/wiki/ClamAV_0.94_Win32 付属している clamd.conf, freshclam.conf の内容がサンプルとして役に立たないため、このサイトを参考にするとよい。あるいはソースに付属している conf を参考にする。(元々私の場合は FreeBSD で運用していたのでそちらから流用した)

あまり意味がないように見えるが、サービスとして起動するためにはレジストリ HKLM\SOTWARE\ClamAV に対する書き込みが必要である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。