経済成長とはなにか

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51183779.html

>有限の世界で幾何級数的な成長が永遠に続くと信じているのは、キチガイと経済学者だけだ
ちょっとでも数学の素養を持てば、この疑問を持つはず。

例えば毎年3%(複利)の成長がどれだけのインパクトあるのか、
指数関数グラフを頭の中に描ければ。
多分俺は中学生ぐらいの頃から、この点に関してずーっと不思議に思っていた。

ただし、インフレがデフレよりも正しい唯一の理由は
タンスにある現金の価値を、
「時間の経過に伴って実質的に減らす」ために必要
じゃないかと思っている。

すなわち、
『今ストックを持っている人が、何もしないことが有利』
な状況になっているのはイクナイ。
「放置してたら価値が減りますよ」というシステム上の圧力は
あった方がいい。

そういう意味で、政府がお金を刷って現金の価値を減じるという方策は悪く無いかもしれない。
でもそれが、生活を豊かにする本当の経済成長かどうかは分からない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。