ブータン旅行(5) 山道8時間耐久ドライブリターンズ

写真: http://picasaweb.google.co.jp/mimoriso/Bhutan20090520IXY#
マップ+写真: http://picasaweb.google.co.jp/lh/albumMap?uname=mimoriso&aid=5339405235546053233#map

■ 5/20
この日の朝ご飯には、そばで作ったパンケーキがやってきた。
その他は昨日とほとんど同じで、普通のトースト、ホームメイドの全粒粉トースト、ハチミツと苺ジャム。
昨日あったヨーグルトが無かったところだけ違う。
せっかくなので、そばパンケーキは全部食べきった。

この日も2日前と同じようにジャカル-ウォンディフォダンへ約8時間のドライブ。
ジャカルを出た直後に道にある石の道標に、ティンプー254km と記載してあった。ジャカル-ティンプー間で大体260kmのようだ。

最初にチュメ谷よりも少しジャカル側(NANGMAR?)  の織物屋(多分ガイドブックにあるイシイ)でおみやげを買った。自分用としては吉祥紋の掛け軸みたいな奴。
ここではカードも使えるし、日本の本「旅」2009年5月号も置いてあった。

ヨトンラへの道にはサクラ草が咲いている

ヨトンラの看板では、AIDSへの理解を求める文面が書いてあった。ジャカルゾンにも第一条が prohibit unsafe sex といきなり書いてあるような看板があって、ブムタン地方では少し深刻な問題になっているのかもしれない。

道を歩いている人で日傘を差しているのは、ほとんどが母親で背中の赤ちゃんを守るため。
あとは子供が単独で持っていることもあったが、大人が単独で持っていることはなかったと思う。

TASHICHUNGの手前の道路工事では、インド人の女の子、日本人だとすると見た目は13歳ぐらいだけど多分もっと年上、の人が道路工事をしていた。

●寺院参観のコツ
・五体投地礼をするので、両手をフリーにできるとよい。また、帽子を脱ぐ必要があるので、帽子を入れるか引っかけられるのが望ましい。
・靴を脱いだり履いたりするので、それが楽な靴がよい。とはいえ、トレッキングを伴う寺院の場合は、トレッキング優先で。
・寺院の中を見た時はお布施をすることになる。通常は1Nu,5Nuでかまわない。小銭をたくさん用意する。
 最初に空港で両替する時に1Nuを回る寺院・ゾンの数の2倍ぐらい用意しておくとよいのでは。

新聞は Kuensel が古参の新聞社。1年間でPDF配布 700Nu というサービスもあるが、Kuensel Online を見れば多分十分。

トンサは花が綺麗だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。