Hyper-V 仮想マシン側をドメインコントローラーにした場合の時刻同期

親マシンをそのドメインに参加させてしまうと、

  • WindowsTimeサービス的には 仮想マシンのドメインコントローラに時刻を合わせようとする
  • Hyper-V的には 仮想マシンがホストマシンに時刻を合わせようとする。WindowsTimeサービスよりも優先されるように見える WindowsTime サービスの設定でソースが VM IC Time Synchronization Provider になっている。

この両方により時刻同期がうまく働かない状況になってしまう。

回避するためには、ホストマシン側のWindowsTimeサービスをマニュアル構成とし、ドメインコントローラへの同期を無効にする。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winntp02/winntp02_02.html より

w32tm /config /update /manualpeerlist:[NTPサーバ名] /syncfromflags:manual

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。