VMware ESXi 4.0 を試してみる

USB起動で、操作は基本的にすべてリモート(別のマシン)から。

唯一ローカル起動した後にやったことはIPアドレスをメモることだったけど、
DHCPでMACアドレスマッピングするとか、あるいはIPv6を有効にしといてリンクローカルアドレスで叩くとかすれば、各マシンのMACアドレスから算出できるのでヘッドレス構成で運用できる。
(ディスプレイもキーボードもなし)

でも結局BIOSでVT有効にする作業は発生したのだった。

このへんはハードウェアベンダー(DELL/HP)がESXi 付で出荷してくれるような感じになりつつあるので、仮想マシン自体は本当に電源とネットワークケーブルを接続するだけ、ストレージはiSCSIで、みたいにきっともうなってるんだと思う。

やっぱ早いとこiSCSIターゲット調達したいなあ。
とりあえず Windows Storage Server 2008 を突っ込むところからかしら。

なんにしても IPv6 生活! リンクローカル マンセー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。