Hyper-V Server 2008 R2 は USBブート機能も搭載

http://blogs.technet.com/virtualization/archive/2009/07/30/microsoft-hyper-v-server-2008-r2-rtm-more.aspx

本当に VMware とガチ勝負している。どっちかというと最終的にゲストOS側でOSを Windows にするのか Linux にするのか(FreeBSDにするのか)で選ぶのがいいのかなあという気がしている。特にFreeBSDにしようと思うと Hyper-V ではドライバがなくて困るし。

あ、あとVMwareには仮想ネットワークスイッチ機能でVLAN作成みたいのがあるけど、Hyper-V R2 はどうなってるんだろ。まあ実運用上はタグVLANしゃべれるL2スイッチに接続すれば十分だとは思うが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。