TestLink1.8.3でグラフに日本語を表示する方法

http://testlinkjp.org/modules/pukiwiki/?TestLinkTips#ct71_1_1 より。パッチの適用は不要。日本語フォントを指定するだけでよい。

FreeBSDの場合、ports から japanese/font-mplus-ipa をインストール。(個人的趣味により M+ と IPAフォントの合成フォント を利用することにした)

custom_config.inc.php の末尾に以下の設定を追加して終了。

$tlCfg->charts_font_path = "/usr/local/share/fonts/TTF/M+2P+IPAG.ttf";
$tlCfg->charts_font_size = 10;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。