Windows SteayState でSSDのプリフリ対策

再起動が遅いと評判の SteadyState ですが。
(再起動時に、前回利用した際の変更記録をまとめて反映しようとするから遅い)

ハードディスクの内容を保持しないモードで使ってても、
再起動時には捨てるかどうか聞いてくれるので、
ソフトのインストールしたければそこで保持するよう選べばいい。

データ保持用のパーティションが用意できるんだったら
普段はシステムドライブへの変更を捨てる本来の使い方はかなりイイ!
ドキュメントには、USBメモリをMyDocumentにしてしまうやりかたも書いてある。

下手にEWFと戦うよりかは個人的にはおすすめ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。